人を罵ってはならない

如何なる時も人を罵ってはならない

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

如何なる時も
人を罵ってはならない

どんなひどい目にあっても
人を罵ってはいけません。

感情を露わにすることは、
自分の中の怒りの感情を
増幅するからです。

増幅された感情は、
怒りをさらに増幅します。

そして、この増幅された怒りは、
さらに感情を増幅させ
最終的には、自分をも破壊していきます。

だから、人はどんな時であっても、
怒ってはいけないし、
相手を罵ってもいけないのです。

怒りの感情が起こったら、
それを冷静に見つめ静まるのを待つのです。

感情は一時的なものですから、
時間とともに、静まっていくものだからです。

関連記事

井上 剛(ごう)

お金と健康について

  1. 健康を願いながら身体に小言をいってはいけない
    【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 健康…
  2. 幸福なお金の使い方は人を愛し人のためにお金を使う
    【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 幸福…
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分探しへ
ページ上部へ戻る